ホーム » 未分類 » きっかけになる

きっかけになる

名刺交換名刺というのはさまざまなきっかけになるという役割を果たします。ビジネスマンというのはとりあえず初対面の相手とは名刺交換をするという習慣があります。それは今でも残っており、海外でも名刺交換の習慣がある国は多いです。

そのときには特に具体的な話をしなかったとしても、後になってその人や会社のことが気になり連絡を取るというケースは少なくありません。とりあえず名刺を渡しておくことによって、後で連絡をもらえる可能性があるのです

たとえば新しいビジネスを始めようとしたり、現在取り組んでいる案件について悩みや困ったことがあった場合に、過去に名刺をくれた人のことを思い出す場合もあります。そこから新しいビジネスが成立するというケースもあるのです。

何らかの集まりがあり、そこでいろいろな人達と名刺交換をするというケースがあります。名刺を渡すということは弱いつながりを作っておくということになります。それがいつか強いつながりへと発展する可能性があるのです。どこから新しいビジネスチャンスが発生するのか分かりません。とりあえず名刺交換をしておくことの意味は大きいのです。仕事上の取引のない相手にも名刺を渡すケースがあり、それが後になって大きな意味をもつこともあるのです。前述などをふまえて、名刺作りには必ず業者に頼むようにしましょう。